Iラインの脱毛

Iラインや、Vラインの脱毛は、欧州では常識となっています。
ヨーロッパ人が日本の温泉に入った時にビックリしたという話をよく聞きます。
なぜ脱毛するかというと、単純に衛生的だからです。

Iラインとは、寝た状態で脚を広げて前から見たときに、陰部の上部から下部にかけて生えている部分の事を言います。
きわどい部分ですが、この部分の脱毛はタレント、グラビアアイドルやレースクイーンなどの仕事をされている方にとっては
ごく普通の事なのです。
また、生理の時にかぶれたり蒸れたりしますが、その悩みも軽減されるメリットがあります。

勇気がいる部分の脱毛ですし、デリケートな部分ですから、自己処理でという方も多いと思います。
ここでは、自己処理の脱毛を比較して説明したいと思います。

自己処理でIラインの脱毛をする場合は、シェーバーや、カミソリ、毛抜き、家庭用脱毛器などがありますね。

間違っても脱毛クリームは使用しないで下さい。乳首や陰部などの部分には使用しないで下さいと大半の脱毛クリームに
説明がありますね。敏感な部分ですので、使用しないよう注意しましょう。

シェーバーは5千円前後くらいで、VラインやIライン専用の細めシャーバーが販売されており、一般的な処理方法です。
処理前と処理後の保湿ケアをしっかりする事によって肌のダメージが少なくなります。
Vラインとわき専用というシェーバーも販売されていて、この商品でも使用できそうです。

カミソリを使用する場合は、デリケートな部分ですので、男性用のカミソリは使用しない方が良いです。
女性用の安全ガードが付いているカミソリの方がデリケートな肌に対応していますから、ローションなどを併用して使用
しましょう。
この方法も、処理前と処理後の保湿ケアをしっかりしましょう。

毛抜きは、簡単な方法ですが、毛根部分から毛を処理ができて持ちが良いと感じますが、実は無理矢理毛根を引き抜きますので、
赤くなったり肌を痛める場合があり、黒ずみや色素沈着の恐れがあります。
また、埋没毛の原因ともなりますのでおすすめできません。

家庭用脱毛器は8万円前後で購入でき、光脱毛や、レーザー脱毛といった特殊な光を出す脱毛器が販売されています。
最近は光脱毛の方が人気のようです。
人によって効果が違い、専門店で行う光脱毛より光の出力が小さいので何度も繰り返し使用しないと効果が見られません。

関連記事
Iライン ELT脱毛 vs レーザー脱毛
Vラインの脱毛

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: 肌が弱い人の脱毛
NEXT: Oラインの脱毛