Oラインの脱毛

陰毛部分の脱毛といえば、Vラインの脱毛が一般的ですね。
Oラインの脱毛と聞いてもピンとこないんではないでしょうか?
Vラインはビキニライン、Iラインは性器の周り、そして最後のOラインはIラインの更に奥、肛門の周りの毛のことを指すのです。
施術するお店によっては、ヒップ奥という言い方をする所もあります。

自己処理をする場所としては一番難しく、粘膜の部分が多いので、毛の量が多くてもどうしようと悩むだけで、
専門店で脱毛しようなんて考えない方が多いようです。

恋人に指摘をされたり、衛生面に不安がありますし、また、Tバックをはく場合には非常に邪魔な毛だと言えます。

デリケートな部分ですので、脱毛に失敗すると、雑菌が傷口に入って化膿したり、雑菌が繁殖したりと
大変なトラブルになってしまいます。
そんな場所だからこそ、安心できる美容外科や皮膚科などの医療機関で脱毛したいものです。
医療機関では、Vライン、Iライン、Oラインをセットでという所があり、お得に脱毛ができます。

Oラインの脱毛をする方は、Iラインの脱毛をしようとして、どれくらい毛が生えているか鏡で確認したら、肛門周りまで毛が
ビッシリで、IラインのついでにOラインの脱毛をする方が多いようです。

では、医療機関で行う脱毛は、どんな脱毛方法があるのでしょうか。

■医療レーザー脱毛
まず、施術前に剃毛します。看護師の方がしてくれます。
そして、特殊なレーザー光を脱毛部分に照射し、毛根部分の細胞を破壊していきます。
永久脱毛をする事ができます。
痛みはゴムをはじいた痛さと言われていますが、痛みは人それぞれです。
色素沈着が濃い場合は、レーザーが肌に反応してしまうため、施術できない場合があります。

■電気針脱毛
毛穴に針を刺して電気を流し、毛根部分の細胞を破壊する脱毛方法です。
永久脱毛をする事ができます。
針を使用しますので痛みがあるとされていますが、麻酔クリームなどを塗布し、痛みを和らげる事もできます。
時間がかかるのが、この脱毛の欠点と言えます。

医療機関での脱毛を紹介しましたが、エステサロンでも脱毛の施術を受ける事ができます。
ただし、エステサロンは何か肌トラブルがあった際には薬を処方できませんし、何より永久脱毛ではないのです。
エステサロンは安い料金で魅力的ですが、効果が薄かった場合は何度も通う事になり、結局高額になってしまったという体験談
をよく耳にします。ですから、医療機関での脱毛が安心できますね。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: Iラインの脱毛