ハイパースキン脱毛とは

ハイパースキン脱毛をインターネットや広告で目にしたけど、どんな脱毛なのか?
気になっている方のためにお答えします。

ハイパースキン脱毛の特徴ですが、今現在生えている毛には何もしません。
毛穴から毛が抜けた後、もしくは生える前である「発毛期(休止期)」状態の毛穴だけに効果を発揮します。
施術方法は、毛を作り出すタイミングをとらえ、特殊な光を照射します。
その結果、毛に成長する前の段階(発毛因子)の細胞分裂を減退していきます。
毛母細胞にあるたんぱく質に作用しますので、毛が再生しにくくなる、発毛を抑制するという脱毛で、今までの脱毛とは原理そのものが違うのです。
光の温度は38度以上にはなりませんので、従来の脱毛で使用されるレーザー機や光脱毛機が発する温度よりかなり低いと言えます。

また、美肌効果があるのも、ハイパースキン脱毛の特徴です。
照射の光の中に、美顔作用のある光線も含まれているため、脱毛を行うたびに光が肌内部でコラーゲンの生成を助け、肌細胞が活発化します。
自己処理でのカミソリ負けやクスミ、色素沈着などで傷んでいた肌も美しく再生し、肌にツヤ・ハリが出る効果が期待できると言えます。

この脱毛は、体のどの部分に適しているのかというと、顔から足まで全身脱毛ができ、なんと小学校、中学校、高等学校のお子様も安心してできる脱毛方法なんです。
"顔"の脱毛は、産毛などの細い毛が多く、従来の方法では脱毛に適していませんが、ハイパースキン脱毛は、照射温度が低いのと、美肌効果がありますので、顔の肌を痛めません。
また、脱毛による痛みと、出力温度が低いのでヤケドの心配がありません。

施術は1回だけではなく、繰り返し施術を受けるうちに効果が実感できるでしょう。
12回セットというエステサロンが多いようで、1回2000円程度の価格なのも嬉しい脱毛ですね。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: てんかんの方の脱毛
NEXT: パワーライト脱毛とフラッシュ脱毛の違い