ひげの脱毛器

毎日のひげ剃りが面倒と感じる男性は少なくないようですね。
肌の弱い方は特に、毎日のひげ剃りの後にヒリヒリしたり赤くなってしまったり大変ですよね。

最近ではひげに使用できる家庭用の脱毛器が多く販売されているので、その製品を比較してみたいと思います。

イーモリジュ・・・フラッシュ脱毛(光脱毛)
2011年に発売され、全身に使用でき、専用ジェルや美容液は必要ありません。
脱毛以外にも美顔用としても使えますので、家族や恋人と一緒に使う方も多いようです。
従来の家庭用脱毛器は、レーザー脱毛が主流でしたが、痛みを伴い肌への負担がありました。
フラッシュ脱毛は光を照射すると皮膚に透過し、毛のメラニンに反応します。光を吸収した毛は発熱し、たんぱく質が熱変化する事で脱毛します。
効果はというと、繰り返し使用する事によってひげが生えにくくなります!
永久脱毛ではないので、永久に生えてこないわけではありませんが、エステ級の効果と言えるでしょう。
出力は10段階です。

[通常価格]89,000円

LAVIE(ラヴィ)・・・IPL脱毛(光脱毛)
全身に使用でき、専用ジェルや美容液は必要ありません。
こちらも脱毛以外にも美顔用としても使用できます。
同じ光脱毛でイーモリジュと似ていますが、LAVIEの方がコンパクトで少し安いお値段となっています。
出力は7段階です。

[通常価格]86,000円

トリア・パーソナルレーザー脱毛器・・・レーザー脱毛
全身に使用でき、専用ジェルや美容液は必要ありません。
3回の使用で、毛の減りを実感できる製品です。
使用感ですが、びりびり痛みを感じることがあります。
この製品はレーザー脱ですのでは、メラニンに反応します。色黒の方や日焼けをしている方は使用できません。
目元、唇、乳首、性器、肛門、ほくろのある場所に使用しますと、ヤケドやかゆみの原因になりますので、注意が必要です。

[通常価格]59,850円

ノーノーフォーメン・・・サーミコン(熱線式)
こちらは男性専用脱毛器で、他製品と比べ、低価格と言えます。
熱線が毛に触れると、熱が毛に伝達され、毛を瞬時にカットします。さらに、熱処理でこれからのびてくる毛にもダメージを
与えます。朝はカミソリ、夜はノーノーフォーメンを使用していくとだんだんひげが薄くなっていく効果がみられます。
全身に使用でき、使用後は専用ローションでの保湿ケアが推奨されています。
痛みはなく、使用した場所が少し温かくなる程度です。
充電式ですので、今まで使用していたシェービング感覚で使用できますね。

[通常価格]35,900円

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: ひげの脱毛について
NEXT: ひげ用の脱毛グッズ