ひげ用の脱毛グッズ

男性がもっとも気になる体毛に、ひげが気になると答える方は多いようです。
メンズエステのひげ脱毛も良いですが、何回も通わないといけないですし、値段が高いですよね。
永久脱毛まではしたくないけど、今あるひげをどうにかしたいという方に、自宅で手軽にできるひげ用の脱毛クリームや、
脱毛ジェル、脱毛ローションついて比較して紹介したいと思います。

脱毛クリーム

生えている部分のひげを溶かし、使用後はひげが無くなりきれいになります。
毛を覆うくらい塗りますので、ひげが長い場合は5mm以下くらいになるようカットしましょう。
繰り返し使用する事によって、ひげが薄くなる効果があります。
たんぱく質を溶かす成分が入っているので肌が弱い方には適していません。
少し前まで、においがキツく肌荒れする印象でしたが、最近ではにおいは少なく、保湿成分が配合されている脱毛クリームが人気です。
海外製のものが多く販売されていますが、日本人の肌に合わない場合が多いので、日本製の脱毛クリームを選ぶようにした方が良さそうです。
使用方法は、毛を覆うくらいクリームを塗布し、時間を置き、水かぬるま湯できれいに洗い流します。

脱毛ジェル

繰り返し使用する事によって、ひげが薄くなる効果があります。
女性より男性が毛深いのは、体毛の発育に男性ホルモンが強力に働くからなんです。
女性ホルモンに似た作用をする大豆エキス"イソフラボン"が配合されている脱毛ジェルが人気のようです。
大豆に含まれるイソフラボンには、体毛の成長を遅らせ、体毛を細くします。
毛穴の黒ずみがきれいになる効果がみられます。
使用方法は、ひげ剃り後にジェルを適量を手にとり、肌になじませるように使います。手軽にできそうですね。

脱毛ローション

ローションタイプですので、使用感がさっぱりしているいるのが特徴です。
こちらも、大豆成分配合のものが人気のようですね。
ローションタイプは、ジェルに比べて種類が豊富です。保湿成分が配合されているものや、美肌成分が高配合されているなど、色々ありますが、脱毛ローションは毎日のように使うものですから、天然成分や植物成分など、肌に良さそうなもので、なおかつ効果が見られたという実績があるローション選ぶと良いでしょう。
使用方法は、ひげ剃り後に、また、朝晩ひげ部分にローションをつけます。ジェルと同様、手軽にできますね。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: ひげの脱毛器
NEXT: レーザー脱毛によるわきがへの効果