自宅での正しい脱毛方法

自宅でのムダ毛の処理はどうされていますか?
実は、毛を取り除くことによって様々なトラブルを引き起こします。

肌を痛めてしまう事を知っていながら、雑に脱毛(除毛)を行っている人が多いのが現状です。
少しでも肌を傷つけないよう、脱毛(除毛)のポイントを知り、肌トラブルを避けましょう。
ここでは、剃る事に要点をおき、説明します。

ムダ毛処理は抜くより剃りましょう。
ムダ毛処理をするときに、自分で行う処理方法は"抜く"か"剃る"だと思います。
どちらかというと、抜く方が見た目肌が綺麗になり、毛根から抜きますので毛の再生に時間がかかりますね。
最初は痛かった毛抜きが、徐々に気持ちよくなり、クセになる方が多いようです。
しかし、抜くという事は皮膚の1部をちぎることになるのを忘れてはいけません。
毛は、毛根にある毛母細胞で作られて成長していきます。細胞分裂を繰り返し、毛が伸びていくわけですが、毛を抜く行為はこの生きた細胞を引き抜く事になるので、痛みもありますし血が出ることがあるのです。
そこから細菌が進入し、ニキビやシミなどのトラブルを引き起こしやすくなります。
顔ではないため、あまり気を使わない女性が多いようですが、実は腕や脚の体の方が1度傷をつけた事で治りにくく、シミになりやすいのです。それは、顔は、1日に何回もケアする方が多いですが、体はあまりケアできていない場合が多いからです。
よって、抜く事は、肌への負担がかなりあると言えるでしょう。

では次に、ムダ毛処理を行う際の注意点を説明していきます。

ムダ毛処理の注意点
(1)清潔にする
脱毛(除毛)した後に、その部分からの細菌の進入を防ぐため、ソープなどで洗って、清潔にしてから行うようにしましょう。

(2)温めてから
皮膚や毛は、たんぱく質でできています。温度が下がると、皮膚や毛が硬くなります。入浴後などの皮膚が温まった状態で
行うようにしましょう。

(3)処理後に良く冷やす
炎症や痛みを少しでも和らげるため、冷やしたタオルなどで処理した部分の皮膚を冷やしましょう。

(4)生理前は避ける
体調によって皮膚の免疫はすぐに変化します。生理前は免疫力が低下し、侵入した細菌によって化膿しやすい状態になっています。
よって傷の治りも遅くなりがちです。生理前は極力避けるようにしましょう。

これらを注意することによって、今までより肌への負担が軽くなるでしょう。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: ワックス脱毛について
NEXT: 自宅で脱毛