脱毛によるワキの黒ずみの原因

ワキの毛を自己処理していたら、黒ずんでしまい、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
なぜ黒ずんでしまうのか?
ここではその原因と解消方法を説明したいと思います。

<原因>
・ワキの毛を毎日カミソリで処理している
・お風呂で身体を洗う時に、乱暴にワキを擦っている

お悩みの方はこれらに当てはまるのではないでしょうか。

このような誤ったボディケアで肌を痛めるとワキの黒ずみが発生する事になります。
皮膚は肌の角質を厚くすることで、刺激から肌を守ろうとする性質があります。
そして、メラノサイトという皮膚を守る細胞がその刺激に反応してメラニン色素を出し、そのメラニン色素が皮膚に沈着すると肌は黒く変化します。
二の腕が白いので、余計に黒く感じてしまいますね。

"メラノサイトと"いう細胞は紫外線から肌の色を濃くして、「日焼け」という形で肌を守る性質も持っていますが、物理的な刺激にも反応してメラニン色素を生成してしまいます。

よって、ワキの黒ずみの原因は、皮膚への過剰な刺激で角質が厚くなることと、このメラニン色素が沈着したことによるものなのです。

<解消方法>

・黒ずみ解消の石鹸
保存料や安定剤、香料などを使っていないものが多く、デリケートな部分にも安心して使用できます。
黒ずみの原因となっているメラニン色素を改善するものや、毛穴の汚れをしっかり除去できるものなど種類はたくさんあります。

・カミソリは女性用のもので
男性用を使用しないようにしましょう。
女性用の方が肌に優しいからです。

・ターンオーバー(皮膚の再生するサイクル)が狂わないように、規則正しい生活をする
健康な肌は約28日で新しい皮膚に生まれ変わります。
古い角質はこのターンオーバーで垢として落ちるのですが、サイクルが乱れると角質が溜まる一方となり、黒ずみの原因
となってしまうのです。規則正しい生活を心がけましょう。

・皮膚を再生するのを助ける食物を摂取する
以下のビタミンをバランス良く取りましょう。
ビタミンA・・・皮膚や粘膜の細胞の正常な分化を促します。
ビタミンB2・・・摂取した脂質をエネルギーに変える働きを助けます。ビタミンAとともに皮膚や粘液の働きを正常にします。
ビタミンB6・・・細胞を作る働きを助け、免疫力を高めます。
ビタミンC・・・皮膚のハリに重要なコラーゲンの生成にかかわっています。メラニンができるのを抑えます。
ビタミンE・・・血行を良くして新陳代謝を促します。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: 脱毛テープについて
NEXT: 脱毛によるワキの黒ずみ用石鹸