脱毛によるワキの黒ずみ用石鹸

ワキの黒ずみが気になって、ノースリーブが着れない・・・なんて事はありませんか?
ワキの黒ずみケアは石鹸が最近売れているそうです。
黒ずみ用の石鹸をいくつか紹介します。

AHAリファインソープ

グリコール酸、りんご酸の2種類のフルーツ酸が配合されています。

[効果]
グリコール酸は、ニキビ予防や厚く固い皮膚、メラニンを含んだ角質へ働きかける効果があります。
また、ターンオーバーの正常化を促し、透明感のある肌へと導きます。

[使用方法]
専用の泡立てネット(別売)を使用し、通常通り洗います。その後、再度泡立てネットを使って泡を作り、泡をワキ全体に塗り、1〜2分放置して洗い流します。

[内容量]100g
[通常価格]1,575円

ジャムウ・ハーバルソープ

インドネシアの製造方法をもとにして、日本の女性の肌質に合わせて、成分の配合をしている石鹸です。

[効果]
ジャムウの薬効成分がお肌から浸透して行き、自然に本来のお肌に戻ろうと作用していきます。
その結果、黒ずみやにおいが軽減され、わきがの方にも効果が見られるようです。

[使用方法]
泡立てネットを使用し、泡をにおいや黒ずみが気になるところ(ワキ・乳房・デリケートゾーン・足など)にたっぷりとつけて、約3分そのまま泡パックをします。
特に、においが気になるところは泡を塗りこむ様に使用します。

[内容量]64g
[通常価格]1,990円
※妊娠中や授乳中は使用しないで下さいと説明があります。

もっちり大豆石けん

5つの大豆エキス、Wコラーゲンとトリプルヒルアロン酸配合の濃密泡が特徴です。

[効果]
肌本来の潤い成分を保ちながら、メラニンを含んだ角質(黒ずみ)をしっかり落とします。
つっぱりがなく、吸いつくような肌を実感でき、保湿がしっかりしています。
大豆のイソフラボンは、メラニンを抑制することによって美白効果を発揮します。

[使用方法]
泡立てネットを使用し、気になる部分を優しく洗って下さい。

[内容量]70g
[通常価格]1,995円

どの石鹸も、泡立てネットで、たくさんの泡をたてる必要があります。泡をよくたてると密度の濃い泡ができます。
泡は肌に密着しやすく、 浮き上がった汚れを効果的に吸着していきます。 汚れはこすって取れるわけではありませんから、泡をたてる事が重要なのです。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: 脱毛によるワキの黒ずみの原因
NEXT: 電気凝固法の脱毛について