妊娠中の脱毛

クリニックやサロンへ脱毛に通っている最中に、妊娠が発覚した!という事はよくあるんではないかと思います。
妊娠中でも脱毛は可能なのか?そんな疑問に答えます。

レーザー脱毛や光脱毛の特殊な光は子宮に影響があるのか気になるところですが、光は子宮までは届きません。
毛根に影響を与える光ですので、影響はないと言えます。
ただし、影響電気針脱毛については、かなりの痛みを伴いますので、子宮が収縮する恐れがあります。

電気針脱毛は選択しないにしても、クリニックやサロンからは、妊娠を理由にほとんど脱毛を断られます。
なぜなんでしょうか。

・妊娠中はホルモンバランスが崩れる

妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れ、体に様々な変化が現れます。
まず、体毛が濃くなります。
毛周期が変化するため、脱毛の効果があまり分からない場合が多いようです。
個人差はありますが、処理しても処理しても、次の日には男性のひげ並みに体毛が生えてくる方もいます。
出産が終われば、だんだん元の体に戻ってきますので、体毛が濃くなったからといって心配しないようにしましょう。

そして、精神的に不安定になりやすいのも、ホルモンの関係と言えるでしょう。
イライラや、些細な事で不安になったりと、落ち着いて脱毛を受けられる精神状態ではなくなります。
レーザー脱毛は痛みを伴います。妊娠中は、痛みに敏感になる方もいますので、余計に痛く感じてしまう場合もあります。
少なからずストレスを母体に与えてしまいます。

・トラブルを避けるため

妊娠中は、様々なトラブルが多々発生し、クレームなどの問題につながりやすいのも、脱毛を断られる理由の一つです。
脱毛の痛みがストレスとなって切迫早産になったという例や、妊娠中は肌が敏感になる方もいるので、肌が荒れてしまったなどのクレームを避けるためです。

では、妊娠中に結婚式を挙げる方で、脱毛したい方はどうすれば良いのでしょうか。
脱毛は断られてしまいますが、シェービングでしたら受けられる所が多いようです。
ブライダルエステで、マタニティ用のコースもありますので、エステサロンなどで相談してみましょう。
ただし、妊娠初期は受けられない事もあります。

妊娠で、脱毛を一時休会や、期間を延長できる所も多いようですので、
妊娠の可能性が今後出てきそうな方は脱毛を始める前に、妊娠したらどうなるのか確認をしましょう。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: 電気凝固法の脱毛について
NEXT: 肌が弱い人の脱毛