肌が弱い人の脱毛

肌が弱い人は、脱毛ができるのか?

・カミソリで剃るのが、肌への負担を考えると不安。
・医療機関やエステサロンで断られるんではないか。
・結婚式を控えていて、その時だけでも脱毛したい!
という方は多いと思います。
そこで、敏感肌やアトピーの方でも受けられる脱毛方法について説明していきます。

光脱毛(フラッシュ脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛)

特殊な光を照射し、毛の再生能力を弱めます。
脱毛の中でも痛みが少ないと言われているのが、光脱毛です。
痛みが少ないという事は、肌への負担が少ないという事になります。
出力の弱い機器で施術を行い、施術時間も短いので、敏感肌、アトピーの方に適した脱毛方法なのです。
ただし、ホルモン剤などの光感受性を高める薬を服用中の方は、この脱毛方法は適しません。
カウンセリングにて、服用している薬を申告する必要があります。
また、1度の施術ではあまり効果が見られません。毛周期に合わせて繰り返し行うことで効果が見られます。

医療レーザー脱毛

医療機関で行われている、永久脱毛が可能な脱毛方法です。
カウンセリングを十分に受け、出力を調整すれば肌への負担を少なくすることができます。
医療機関ですので、細かい指導などもしてくれ、施術後の対応も薬の処方などしっかりしていると言えます。
痛みが伴う場合もありますが、氷などで冷やしながら施術を行う所もありますので、ご自分に合った医療機関を探してください。
ただし、アトピーの方で脱毛したい部分が色素沈着になっているようでしたら、そこはレーザー脱毛できません。
レーザー脱毛は表面上のメラニンに反応してしまうからです。

電気針脱毛

医療機関で行われている、永久脱毛が可能な脱毛方法です。
針を1本1本毛穴に差し込み、毛を作り出す毛母細胞を破壊していきます。
かなりの痛み(局部麻酔をしてくれる場合があります)と、時間がかかります。
ただし、金属アレルギーがある方は適しません。
最近では針ではなく、金属アレルギーが出ないものでコーティングされている場合もありますので、施術前のカウンセリングで確認しましょう。
医療レーザー脱毛と同様、医療機関ですので、施術後の対応もアドバイスや薬の処方などしっかりしていると言えます。

>> 脱毛Q&A一覧へ戻る

ミュゼの体験レポートはこちら

PREV: 妊娠中の脱毛
NEXT: Iラインの脱毛